光明ライフのための5つの心得

自分の意識が輝いていると、周りの人たちと良い関係が築けます。明るい意識がお互いに伝わり、健康や幸せといったプラスの輪がだんだんと広がっていきます。

これが、いわゆる「共生」の力です。共生の波は地域・社会へと届き、やがて地球へと拡大します。この一連の波動の始まりは、まず自分自身の明るい意識です。いつも太陽のように輝く意識を「光明」といいます。

光明ライフを身につけるための<5つの心得>を紹介します。

 

1、毎朝光明フェイスで笑う


朝起きたら、まず明るく笑いましょう。「光明、共生」と言いながら満面の笑みを浮かべます。
目を大きく開いて、口を大きく開けて、大笑いしていいです。
今日という1日がまた自分に与えられた。そのことに感謝しながら、ニッコリと1 日をスタートします。
心は顔によって開きます。表情が変われば、内側も自然と変わるのです。すると、脳が開いて、頭のてっぺんにある「百会」のツボから明るいエネルギーが入ってきます。それが全身に広がっていきます。

 

2、1日1回光明ダンス

1日1回、ダンスをします。好きな音楽をかけて、または自分で歌いながら、楽しく踊りましょう。
ダンスで自分を表現することで体と心が自由になります。自由になれば、それだけエネルギーが満たされ、光明が起こります。エネルギーに乗って踊りましょう。上手に踊る必要はありません。心のおもむくままに体を動かします。悲しいときもうれしいときも、気分がいいときも悪いときも、ダンスで自分を表現しましょう。胸の中にあるネガティブな記憶がすっと消えていきます。意識が循環して、創造が起こります。

 

3、1日10分 筋力をつけて光明ボディになる

1日10分、体を鍛えて筋力を育て、「光明ボディ」になりましょう。
自分の目標やビジョンを達成するためには、健康な肉体が必要です。人間性を回復する力も、体力から湧き出てきます。トレーニングで筋力をつけ、体温を上げて、免疫力と自然治癒力を高めます。自分でメニューやルーティンを決め、毎日やり遂げましょう。たった1日10分でいいのです

 

4、光明ハンドで愛を伝える

私たちの手からは、いつもエネルギーが出ていきます。このエネルギーを使って、まわりの人たちを癒やしましょう。肩をもんであげたり、マッサージしたり。家族や友人など、大切な人全員にあなたの愛を伝えましょう。真心を込めて相手を癒やそうとすることで、その手は光明ハンドになります。

 

5、1日1人から光明フィードバックをもらう

1日1回、私がどう変わればいいか、誰かに尋ねましょう。

「私のどんなところが変わればいいと思いますか?」
「直したほうがいいと思うことはありますか?」
「私に願うことはありませんか?」
そんな質問をしてみるのです。
慣れるまでは勇気がいる行為です。でもその勇気を出したとき、貴重なフィードバックが得られます。愛情をもって真摯に尋ねれば、何らかの生産的な提言を受けることができます。
優れたアイデアが浮かんでくるでしょう。そのとき光明が起こります。
相手の話にしっかりと耳を傾けましょう。その人を一生懸命に応援していきましょう。それによって共生の力が育ちます。共生は疎通から始まります。

 

 

以上の<5つの心得>を実践して、いつも明るい意識でいられるようにしましょう。個人が健康・幸せになり、意識が変化していくことで、周りの人が変わり、社会が変わり、地球が変わる。それが、地球を救う地球市民ムーブメントです。
今こそ、世界には光明が必要です。地球環境を壊したのは人間で、それを回復できるのも人間です。新しい共生の時代へ、一緒に歩み出しましょう。

Follow me!