第4回地球市民サポーターインタビュー「大人も子供もなく皆が地球市民です」

2016年7月20日 eco-admin1 0 Comments

地球市民学校は、多方面の方からご支援を得て運営しています。

このページでは地球人・地球愛を実践していく地球市民運動にご支援くださっている方を

ご紹介します。

 

今回は岡山県岡山市の岡山城が近くにある石山公園周辺で

毎月ごみひろい活動をしたり、公園や公民館や小学校での「脳体操ヨガ」を行ったりと

活発的に地球市民運動を実践されている

地球市民サポーター賛助会員の藤定明美さんにお話を伺いました。

 

Q.小学校で地球市民活動をしようとしたきっかけを教えて下さい。

私たちは皆地球の上に存在する地球市民です。

大人も子供もなく皆が地球市民です。

子供たちは経験が少ない分枠がなく無限な可能性を発揮しやすいです。

これからの日本を地球を救えるのは子供たちが希望です。

 

Q.小学校でどのような地球市民活動をされていますか?

今小学校学童クラブ2カ所に春休み夏休みを使って脳教育プログラムを伝えています。

岡山西支援学校からは依頼を受けて今年の2月は高校生対象に、6月はPTA対象に

脳教育プログラムを伝えてきました。

小学校や公民館で「脳体操ヨガ」を指導している藤定さん

 

Q.地球市民活動をどんな思いでしているのか教えて下さい。

今は子供もストレスが多く、肩や背中が張って無意識のうちに緊張していて胸も詰まっています。

本来の子供らしい自由な発想、明るさ元気を取り戻してもらいたいです。

またお母さんにはいつも笑って家庭の中の太陽であってほしいです。

 

Q.地球市民としてみなさんに伝えたいメッセージをお願いします。

私たちは心と体と脳にアプローチする脳教育プログラムをベースにした体操を通して、

皆様に本来の明るさ元気を取り戻してもらうお手伝いをさせていただきます。

1人で悩まず体を動かして、一緒に笑ってお互い褒めあってありがとうを実践していきましょう。

「7月15日地球の日で石山公園周辺のゴミ拾い活動を行いました。

自然治癒力回復する脳体操ヨガもして気持ちよかったです♪

地球市民署名活動も行い30名の地球市民が誕生しました!

ありがとうございます!!」

Follow me!