13カ国12,000名の地球市民交流の舞台~第5回生活体育国際国学気功大会

2017年10月25日 eco-admin1 0 Comments

10月21、22日、社団法人大韓国学気功協会(会長 クォン・ギソン)主催の第5回生活体育国際国学気功大会が韓国のソウルで開催され、12,000名が参加しました。

「Be Friends! 健康な人類、幸せな社会、平和な地球のために」をスローガンに掲げた今大会は、開催国である韓国をはじめ、アメリカ、日本、中国、イギリス、ベルギー、スペイン、イタリア、スロバキア、ラトビア、カタール、レバノン、チュニジアの13カ国、58チームの選手1,500名が出場しました。韓国部門(青少年の部、一般の部、高齢者の部)と海外部門にわかれて、天符神功などの国学気功と律呂気功などの創作気功で競いあいました。21日はソウル市役所前のソウル広場で開会式と韓国部門の予選が行われ、22日はソウル市役所の多目的ホールで本戦と閉会式が行われました。

21日の開会式では、朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル特別市長の歓迎の辞や李承憲(イ・スンホン)グローバルサイバー大学学長の記念の辞などに続き、様々なパフォーマンスが繰り広げられました。

22日の本戦では、前日の予選を勝ち抜いた韓国6チームと海外12チームが披露し、大賞はベンジャミン人間性英才学校京畿南部学習館チームが獲得しました。ベンジャミン学校京畿南部学習館チームは、ダイナミックながらも繊細でやわらかな動きを披露し、まるで一体になったような団結力が引き立ちました。

韓国部門の受賞は、高齢者の部(金賞:釜山市役所広場グループ)、一般の部(金賞:忠清北道 燃ゆる紅戦士)、青少年の部(金賞:大邱論工中学校)でした。

続きはGoodBrainNewsをご覧下さい。

Follow me!