ようこそ! 賛助会員登録 をすると多くの健康情報をご覧いただけます。会員の方は、ログイン してください。
HOME  > 地球市民運動 > 健康 > 地球を感じる1分運動
地球を感じる1分運動
地球を感じる1分運動
 
世界各地で地球温暖化の悪影響が顕著になってきています。アメリカのアラスカ州にある島では、近くの氷が溶けたために海岸の浸食が進み、島民が住み続けることがだんだん困難になってきています。島で「全員の移住」の賛否を問う住民投票を行ったところ、賛成派が上回り、島民丸ごとでの移住計画が進められることになりました。インド洋のモルディブ、ツバルやキリバチ、マーシャル諸島など南太平洋の島々でも、集団での移住計画が検討されています。

温暖化の悪影響は海面上昇にとどまりません。エルニーニョ、猛暑、厳冬、大雨など異常気象も続出しています。
 


温暖化に加えて、熱帯雨林の伐採が進んだことで、砂漠化も進んでいます。すでに地球の3分の1は砂漠化が進行しているか、すでに砂漠になっており、2100年には地球の半分が砂漠になると予想されています。水不足も深刻で、すでに世界で10億人以上が水不足に直面。国連によると、2025年には世界人口の40%にあたる30億人が淡水不足に直面する見通しです。

地球環境の原因は、ほかならぬ私たち人間です。人間の合理的思考と理性を中心とした数百年間の人類文明を創造してきた「人間中心主義」は、生命の源である地球の空気や水、自然にダメージを与えてきました。人間中心主義は物質的な豊かさをもたらしましたが、人間の精神は荒(すさ)んできています。

人間が変わらなければ、環境問題は一向に改善されません。
 
一般社団法人ECOでは、1人ひとりの体、心、精神(意識)が健康になることが、地球環境問題の解決につながると考えています。ふだんの行動の基準を「個人の欲望」から「地球」にシフトさせ、何をするにもいつも考えの中心に地球がある、地球を想いながら生活するという状態にならなくてはなりません。そのためのムーブメントとして、ECOは「1分運動」を提唱しています。
 

1分運動とは、1日のうちに何回か、1分間だけ体を動かすという取り組みです。1分運動を行うことで、体力、心力、脳力を育てます。肉体に閉じこもっていた意識が広がり、人類や地球の問題を自分のことのように感じる「共感能力」を回復することができます。無理矢理いつも地球のことを考えるのではなく、体の感覚が回復することで自然に地球主体の意識へと変わっていくのです。それによって、日々の行動パターンも根本的に変化していきます。それが地球市民(Earth Citizen)なのです。
 
あなたも1分運動ムーブメントに参加して、自らの力で健康を創りだす地球市民になりませんか?

ボタン


 
 
 



以下のお申込みフォームから参加宣誓いただいた方に、「おすすめ1分運動 動画」をメールでご案内します。

ボタン