1I1A8603

第1回地球市民ピースフェスティバル開催 in ニュージーランド

ニュージーランドのケリケリで1月27~28日、世界の平和のための「第1回地球市民ピースフェスティバル」と「脳、地球市民、私たちの未来」をテーマにしたシンポジウムが開催され、10カ国以上から約1,000人が参加しました。

bb628c0a70a27c8ac989f8ea172b41c2

この行事は、持続可能な地球の未来のために、国家、民族、人種、宗教、思想、理念などの対立や葛藤を解消し、地球村に生きている皆があらゆることを超越して同じ地球市民として一緒に生きていくべきだと伝えるために企画されました。

ECO(Earth Citizens Organization)とIBREA(International Brain Education Association)が共同主催し、Earth Citizens Organization NZが主管した今回の行事は、ニュージーランドはもとより、アメリカ、日本、韓国、イギリス、中国、カナダ、イスラエル、ポーランド、ベルギー、クウェートなど、10カ国以上から参加しました。

27日午後6時(現地時間)から行われたオープニングフェスティバルでは、第1部「天」、第2部「地」、第3部「人」をテーマに平和を愛する地球市民文化祭が繰り広げられました。自然と人間の共存が込められたニュージーランドのマオリ族の伝統パフォーマンス、テコンドー、韓国のブレイクダンスグループ B-Boy、よさこいなど、世界各国の様々な文化公演が披露されました。

Untitled-1-1024x510

マオリ族の伝統パフォーマンスを披露したニュージーランド・オークランドにあるボディ・アンド・ブレインセンターのチームは、マオリ族の伝統的な歌であり、フェスティバルのテーマソングでもある「ポカレカレ・アナ」で平和のメッセージを伝えました。オープニングフェスティバルに参加した約400名が一緒に歌い、地球の平和を祈りました。

オープニングフェスティバルに参加したケリケリの住民 シャリーン氏は、「素敵なフェスティバルですね。平和を祈るフェスティバルだということに驚きました。一緒に参加した家族も楽しんでいます」と述べました。

オープニングフェスティバルの最後は韓国の伝統文化マダンノリ。出演者が会場を練り歩きながら参加者を巻き込んで皆が踊り、地球の平和を願う光景が繰り広げられました。

 

続きはGoodBrainNewsのサイトでご覧下さい。⇒こちら

Comments are closed.