「秋バテ」に要注意!

 

「夏バテ」は聞いた事があるけど「秋バテ」って何が違うの?と思った方がいると思います。

 

夏バテは体力のない胃腸の弱い人がなりやすいのですが、
秋バテは体力に自信がある人でもなりやすいので注意が必要です。

 

秋バテの症状として
食欲がなく胃がもたれる
疲れやすい、だるい
立ちくらみ、めまいがする
頭がぼーっとする
寝不足で朝スッキリ起きれない
というのが特徴です。

 

原因は、夏の間ずっと浴びていたエアコンの風や体を冷やす食べ物を摂取していたことによる体の冷えや日光による疲れなどたまっていたものが自律神経を乱し、血のめぐりを悪くして内臓の機能をマヒさせていると言われています。

 

「秋バテ」になると免疫力が低下し、風邪を引き起こす恐れがあります。

 

まずは乱れた「自律神経」を整えましょう。
湯船に浸かって体を温めたり、スープ系の食事を取り体の中も温めましょう。
かぼちゃ、さつまいも、栗、きのこ類などの秋の食材は免疫力を高めてくれるので取り入れてみましょう。

 

あとは適度に体を動かす事が大切です。
酸素をゆったりと取り入れながら、気持ちよく汗をかけるエクササイズがおススメです。

 

免疫力、自然治癒力を高めて元気な秋を過ごしましょう!

 

 

Comments are closed.